紀州南高梅おいしい無添加梅干(うめぼし)通販専門店

2014年06月23日

梅や梅干しの効能とは?

梅や梅干しは「からだに良い」と昔から言われていますが・・・・


梅干にはクエン酸が豊富に含まれているため、
新陳代謝を良くして疲労回復に効果があるというのは、
皆さんもご存知だと思いますが。


梅干のもとになる梅は栄養面でも優れていて、
糖類が少なく、たんぱく質や脂質が多いのが特徴です。


そのほとんどがリンゴ酸やクエン酸などの有機酸で、
カルシウム、リン、鉄などのミネラルや、ビタミンA・Cも含んでいます。


また、梅干しの酸味は唾液の分泌を促し、消化を助ける働きがあります。


梅は昔から料理などにもよく使われますね。

イワシやサバなどのくさみの強い魚ほ梅干しを入れて煮ると、
青魚特有のくさみが取れて食べやすくなりますし、
骨までやわらかく煮ることが出来ます。

又、梅干しは、細菌を抑制する効力があるので
昔から、お弁当やおにぎりなどに入れ、食欲だけではなく、
食中毒や腐敗の防止にもなっていたのです。

日本人の昔の人の知恵とはすごいものですね。


しかし、
生の梅には有毒の「アミグダリン」が含まれていますので生食は厳禁です!
青梅はそのまま食べると中毒を起こしますので、
気をつけてください。


まあ、そんな人はいないとお思いますが・・・。



さて、そんな梅や梅干しの効用ですが、



最近の研究結果から、以下の事が科学的に証明されました。


1.梅の胃ガンの抑制作用

2.梅の、黄色ブドウ球菌や病原性大腸菌O-157といった
 食中毒菌の増殖を抑制する作用

3.梅の、アンギオテンシンUによる動脈硬化の発生を抑制する作用

4.梅干の、ドロドロ血液をサラサラ血液にする作用

5.梅干の、抗酸化作用

などなど。



梅干の主成分はクエン酸ですが、このクエン酸とは?





<<梅干に含まれる「クエン酸」について>>


1.、疲労回復・・・・・疲労の原因となる乳酸をため込むことがないため疲労回復や、
             肩こり、筋肉痛の予防に役立ちます。
             これは、肉体的な疲労回復ばかりでなく、
             神経的な疲労回復にも有効のようです。

2.ダイエット効果・・・エネルギーを無駄なく変換できるため、余分な脂肪を作りません。
             ただ、なにもしないでクエン酸だけを摂っていても効果は薄いですヨ。

3.消臭効果・・・・・・口臭予防のみではなく、体臭予防にも効果的です。
             最近では、魚やタバコ、電気ポット、ふきんなどの洗浄、除菌など
             にクエン酸が使われています。

4.二日酔い・・・・・・二日酔いの体は酸性になっているため、
            アルカリ性食品である梅干しを取り入れることで
            体がアルカリ性に回復し、徐々に体調が良くなります。

5.動脈硬化予防・・中性脂肪やコレストロールがたまりにくくなるので、
            高血圧が解消し、動脈硬化・心筋梗塞・脳卒中の危険性が減少します。
            クエン酸 サイクル活動が脂肪を分解・排出するので肥満抑制になります。


などなど
まだまだ色々あります。




しかし・・・・

クエン酸だけを単独で大量にとっていても、
クエン酸サイクルはうまく機能しないのです。


豚肉、牛乳といったビタミンB群等の豊富な食品を組み合わせて、
必須栄養素をバランスよく摂るようにしてください。


なんでもそうだと思うのですが、バランスが大事です。



ただ、このクエン酸サイクルがうまく働くようになると、
体の各細胞が活発に働き、「健康」で「美しい肌」を作ることができます。



クエン酸含有のサプリメントなどもありますが
やはり食物から摂るのが一番です!


ここでは、そのクエン酸の王様の梅「梅干・梅酒」をご紹介しています。


昔ながらのすっぱ、しょっぱい梅干しや、
食べやすい梅干し、
モンドセレクション最高金賞受賞のフルーツのような梅干し
NHKテレビでも紹介され、注文殺到の梅肉エキス製品、
梅製品のいろいろ、そして、こだわりの梅酒です。


クエン酸が豊富に含まれている「梅・梅干」を上手に摂って
いつまでも健康で元気に!!


紀州南高梅のおいしい梅干通販専門店はこちら








posted by 梅干 at 17:01| 梅・梅干しの効能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする